呪霊、特級仮想怨霊(かそうおんりょう)、反転術式、術式反転、領域展開、領域展延(りょういきてんえん)、落花の情(らっかのじょう)、天与呪縛、黒閃、呪骸(じゅがい)、呪術高等専門学校、特級五条悟 夏油傑 乙骨憂太 九十九由基   静岡と言うとやはり「お茶」を外せませんね、皆さんお茶とのコラボいかがですか、今回も集めていただくようお願い申し上げます。

この物語は強力な呪物があると他の呪いが寄り付かなくなるという性質のため、毒を以て毒を制す魔除けとして、主人公・虎杖悠仁の通っていた杉沢第三高校に指のうちの1本が安置されていた。

しかし、千年以上の年月で封印が緩み、取り込むことで膨大な呪力を手に入れられる呪物に性質が変化。

その強大な呪力を求めて高校には呪霊が集まるようになってしまう。

そして、その場の成り行きでやむを得ず虎杖が指を食べ、取り込んでしまう。

宿儺の指を取り込んで呪力を得られるのは呪霊のみであり、人間にとっては猛毒に等しく、取り込んだ時点で即死のはずでだった。

しかし虎杖が千年に一人と言われる特異体質であったため、宿儺は虎杖の肉体に受肉、現世に顕現してしまった。

指の状態では滅することが出来ない宿儺も、本体である虎杖を殺せば同時に死ぬことから、虎杖の秘匿死刑が決定。

しかし五条の進言により、死刑執行猶予として「20本の指を全て取り込ませてから」という条件が付いた。

なんてお話で始まりましたが今後の展開も目がはなせませんね。

レビュー件数0
レビュー平均0
ショップ 伊豆多来本舗
税込価格 440円

呪術廻戦 ご当地 関連ツイート