呪霊、特級仮想怨霊(かそうおんりょう)、反転術式、術式反転、領域展開、領域展延(りょういきてんえん)、落花の情(らっかのじょう)、天与呪縛、黒閃、呪骸(じゅがい)、呪術高等専門学校、特級五条悟 夏油傑 乙骨憂太 九十九由基    簡単なあらすじとキャラ紹介 辛酸・後悔・恥辱 人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む 呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く そして、呪いは呪いでしか祓えない 驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、 ある日“呪い”に襲われた学友を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう 呪いである“両面宿儺”と肉体を共有することとなった虎杖は、 最強の呪術師である五条 悟の案内で、対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと 編入することになり…… 呪いを祓うべく呪いを宿した少年の後戻りのできない、壮絶な物語が廻りだす— 虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ) 本作の主人公。

都立呪術高専1年生。

宮城県仙台市出身。

3月20日生まれ。

常人離れした身体能力の持ち主。

元々は非術師であったが、宿儺の指を口にしたことで呪力を手にし、五条の計らいによって都立呪術高専への入学した。

宿儺の指の影響により、両目尻の下には開眼したもう一対の目の名残りの溝がある。

伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ) 都立呪術の高専1年生で、虎杖の同級生に当たる2級呪術師。

12月22日生まれ。

甚爾の息子であり、恵という名前は父から付けられた。

御三家・禪院家の血筋であり、その分家出身と見なされている。

実の両親は共に亡くなっており、小学1年時から1つ年上の義姉・津美紀と共に暮らしている。

さいたま市立浦見東中学校を卒業した後、都立呪術高専に入学した。

また、担任である五条とは入学前からの知り合い。

釘崎 野薔薇(くぎさき のばら) 都立呪術高専1年生。

3級呪術師。

本人曰く「盛岡まで4時間かかるクソ田舎」出身。

身長は160センチメートルないくらい。

8月7日生まれ。

虎杖と同時期に呪術高専に入学したが、入学自体は以前から決まっていた。

東京(都会)に対しての強い憧れを持つ一方で、彼女が小学校1年生の時に東京からの転校生である沙織ちゃんが村人たちの僻みによって追い出されたため、自身の故郷である田舎を嫌っている。

五条 悟(ごじょう さとる) 都立呪術高専の1年生のクラスを受け持つ特級呪術師で、自他ともに認める最強の呪術師である。

1989年12月7日生まれの28歳。

御三家・五条家の出身であり、憂太とは非常に遠い親戚に当たる。

細身の白髪の男性で、端正な顔を持つ。

六眼(りくがん)と呼ばれる特殊な目を持ち、初見の術式情報の視認や、緻密な呪力操作を可能とする。

これに関連し、戦闘時以外は常に布やサングラスで目隠しをしているが、周囲は見えている。

また、幼少期はその六眼ゆえに多額の懸賞金がかけられ、粟坂らに命を狙われたが、誰も彼を殺せなかった。

また、この頃から呪術界のパワーバランスが大きく変わり、多くの呪詛師・呪霊の活動が制限された。

七海 建人(ななみ けんと) 1級呪術師。

27歳。

五条の1つ下の後輩であり、灰原とは同期だった。

非術師の家系出身で、母方の祖父がデンマーク人。

薄茶色のスーツを着た、茶髪で七三分けの男性。

見られていることに気付くと襲ってくる呪霊がいることから、自身の視線を隠すためにツル部分の無いゴーグルのような眼鏡をしている。

常に真顔で、あまり表情を崩さない。

冷静沈着で物事を俯瞰的に観ることができる。

誰に対しても丁寧に話すものの、基本的に無愛想である。

その内心では情に熱く、自身が認めた相手には相応の敬意を示し、仲間を殺した敵には激怒して本気で攻める。

自らの立場への責任感は強く、困難と認めた問題に対しては油断せず本気で挑む。

先輩である五条からは信頼されている一方、本人は五条に対して信用・信頼はしているが尊敬はしていない。

レビュー件数1
レビュー平均5
ショップ 伊豆多来本舗
税込価格 440円

呪術廻戦 ご当地 関連ツイート